民進党 京都3区(伏見区・向日市・長岡京市・大山崎町)

泉ケンタ

泉ケンタのプロフィール

こんにちは、衆議院議員の泉ケンタです。
地元で国会で、動いて汗かく衆議院議員です。
京都3区 〔京都市伏見区、向日市、長岡京市、大山崎町〕が選挙区です。

泉ケンタとは?

1974年7月29日生まれ しし座、O型 3児の父親。
民進党京都府連の会長、超党派の過労死防止議連、動物愛護議連、子どもの未来議連、などの幹部もしています。
地元では野球、サッカー、ドッジボール、空手など様々な文化・スポーツ団体の顧問もしています。

国会議員になる前

幼少時代

北海道で生まれ、4人兄弟の末っ子として元気に育ちました。
風雪の中での新聞配達や雪かき、高校まで続けた野球部で、強いハートが磨かれました。 小中学校では学級委員や生徒会活動も経験し、リーダーシップに興味を持ちました。

大学時代

京都の立命館大学に入学。弁論部の全国代表も経験しながら、
伝統と文化である「祭」に惚れ、京都をはじめ全国の祭に仲間と参加しました。
地域と人の大切さ・素晴らしさを知るなかで、政治にも関心を抱くようになりました。

ボランティア活動

大学時代は福祉・災害・環境・町おこし等のボランティア団体を結成。活発に動きました。
仲間を集め、組織を作り、実際に目で確かめ社会を改善する 現場主義の姿勢が養われました。

政治を良くしたい

ボランティア活動は充実していましたが、もっと根本的に社会問題を解決するにはどうするべきかと考えていました。
「政治を良くしなければ!」と菅直人さんの言葉で、NPOスタッフから福山哲郎参議院議員の秘書に。

全国最年少出馬、落選

秘書として経験を積む中で、突然の立候補要請に驚きましたが一念発起。全国最年少の25歳で衆議院選挙に挑戦しました。
結果は大善戦の57,536票。しかしぎりぎりで比例復活当選に届かず、落選。無職となりました。

しかし浪人中、福祉施設で働きながら、各地で活動を継続し、次の機会を目指してきました。

国会議員に!

浪人生活3年と9か月。そして再挑戦の29歳。
前回を大幅に上回る84,052票を頂戴し、初当選!
全国3番目の若さでの当選でした。

国会議員として

1期目(2000年~2003年)

目標に掲げていた国会質問10回を早々達成!

2期目(2003年~2005年)

超党派での議員立法「高齢者虐待防止法案」を作成し、成立させる
内閣委員会質問で、ピンクチラシの住宅投函全面禁止を実現

3期目(2005年~2009年)
主に内閣委員会、国土交通委員会、厚生労働委員会、青少年特別委員会、災害対策特別委員会などで、国会質問は50回を超える。児童虐待防止法改正にも取り組む。民主党青年局長として全国行脚。ネクスト内閣府副大臣にも。

4期目(2009年~2014年)

内閣最多5人の大臣に仕える超多忙の「内閣府政務官」に就任。

待機児童の解消を目指す、子ども子育て新システムを提案し会議を主導。
事業仕分けも担当。過剰な塩備蓄を減らし400億円の国庫返納を実現。
東日本大震災では災害ボランティアに精通している立場から党災害ボランティア室筆頭副室長として、被災地支援NPO団体や政府と連携し、多くの支援が円滑に進むよう調整を担当。またバイクで被災地各所を調査し、現地要望をかなえました。
子ども子育て関連法案の法案提出者として、小規模保育への公費助成が実現。
国交大臣に 国会質問を通じ地元桂川の水害対策を要望。170億円の予算を確保。
過労死防止基本法の作成・成立を主導しました。

5期目(2014年~)
数々の議員立法を国会対策委員会副委員長としては(保育従事者待遇改善法・介護従事者待遇改善法)、国土交通委員会筆頭理事としては(建設職人安全基本法・電線電柱地中化法・自転車活用推進法)立案・提出する。
6期目(2016年~)
自民党衆議院議員の不祥事に伴う、京都3区補欠選挙で6回目の当選。
国会運営の要である議院運営委員会筆頭理事に就任。与野党協議の窓口役として皇室典範特例法などの審議を主導しました。